MUNI KYOTO

MUNI KYOTO

 

嵐山と地続きにつながる唯一無二の庭

嵐山の景観は、数億年前の海底に堆積したチャートと呼ばれる岩石が隆起して形成されました。そして保津川の煌びやかな表情も、この岩石が砕かれ河床に留まることよって創り出されています。ホテル「MUNI KYOTO」のランドスケープデザインは、このチャートという壮大かつ繊細な世界観をホテルの庭へと地続きにつなげることで、周囲の美しい風景と一体になれるかけがえのない環境を生み出しています。ホテルには、この特別な環境とつながるために三つの庭を用意しました。まず、エントランスロビーに面した「中庭」では、白く輝く川面の岸に不老不壽を象徴する黒松が鎮座し、来客者を悠久の時間へと誘います。つぎに、客室に面した「主庭」では、隆起した嵐山北斜面の黒い森を庭へと引き込み、昼夜を問わず太陽や月の気配を感じられる庭に仕立てました。そして、「奥庭」では、レストランと一体になったテラスが配置され、嵐山ならではの圧倒的な快適性をダイレクトに享受できる環境が整えられています。嵐山とつながる雄大な緑の景観と、嵐山ならではの繊細な光の粒子が重なり合い、そして響き合う特別な庭。皆さまにも、ぜひこの庭に身を委ねていただき、嵐山でしか体験することのできない唯一無二の時間を過ごしていただきたいと思います。

嵐山地形図.jpg
嵐山マスタープランA4s300.jpg

事業名   MUNI KYOTO
所在地   京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3番
用 途   ホテル、レストラン、カフェ
事業主   AYG

運営者   クオリタス・ホスピタリティー・アドバイザーズ
設 計   ランドスケープ:ランドスケープ・プラス
      建築:安田アトリエ
      構造:金箱構造設計事務所
      設備:ESアソシエイツ ZO設計室 
      電気:環境トータルシステム
      照明:キルトプランニングオフィス
      内装:内田デザイン研究所
規 模   敷地面積:3,205.39㎡ 建築面積:1,110.74㎡
      地上3階、地下1階、RC造、S造
施 工   熊谷組、西武造園(造園)
竣 工   2020年

Copyright  © LANDSCAPE PLUS LTD.  All Rights Reserved