Copyright  © LANDSCAPE PLUS LTD.  All Rights Reserved

株式会社ランドスケープ・プラス|LANDSCAPE PLUS LTD

July 1, 2019

事務所移転のお知らせ

拝啓 盛夏の候 益々ご隆盛のこととお慶び申しあげます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申しあげます。

この度、弊社株式会社ランドスケープ・プラスは、

下記のとおり事務所を移転いたしましたので、お知らせいたします。

これを機に、社員一同、更なる創作活動に励んで参る所存でございます。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願いを申し上げます。

まずは略儀ながら、

書面にて事務所移転のご挨拶とさせていただきます。

敬具

令和元年7月1日

株式会社ランドスケープ・プラス

代表取締役 平賀達...

June 30, 2019

日本のデザインを探求するNHKの番組「デザイントークス+」で、弊社代表の平賀が東京で携わってきたプロジェクトが紹介されます。

東京の個性豊かな街並みを見つめるシリーズ企画の一環として「ボタニカル 東京の景観」をテーマに、私たちが南池袋公園や豊島区庁舎などのプロジェクトで実践してきた人間と自然の関係性を取り戻す試みが取り上げられています。自然との共生を目指した都市景観の背景にあるデザイン思想を、キャスターであるアンドレア・ポンピリオさんとシャウラさんが、巧みなインタビューで掘り下げてくれます...

May 1, 2019

ランドスケープ・プラスが、設計監理に携った日本橋三越本館屋上の「日本橋庭園」が令和元旦の5月1日にグランドオープンしました。

江戸開府より将軍のお膝元といわれ、五街道の起点でもあった日本橋。設計にあたっては、日本が誇る様々な文化をつなぎ栄えてきた日本橋三越に、次世代をつなぐ新たな拠点を創り出すことが私たちに課された使命でした。

皇居と同じ高さにある日本橋庭園の緑は、昭和天皇がつくられ、平成天皇が育んでこられた吹上御所の森と同じ樹種で構成されています。東京の中心に、豊かな森があることに感謝する...

March 28, 2019

ランドスケープ・プラスがランドスケープデザインに携った「日本橋室町三井タワー」が3月28日に竣工しました。

建物の足元には、最先端の環境技術を装備した大屋根のもと、圧倒的な緑量と心地よい水音に包まれた「大屋根広場」が誕生し、四季折々の移ろいを感じながら、様々なイベントに対応できる環境が整えられています。また、低層部の屋上には、企業専用ラウンジから直結したテラス空間に、木立の中でくつろぎながらリフレッシュできる「スカイテラス」が設けられました。

私たちは、これらのパブリックスペースにバイオフィ...

January 29, 2019

ランドスケープ・プラスが設計監理に携り、竣工後も持続可能な屋外環境の育成をサポートしている「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」が、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構による第8回サステナブル住宅賞において、共同住宅としては初めての「一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長賞」を受賞しました。

サステナブル住宅賞は、建築主、設計者および施工者の三者の協働を評価するものですが、本件においては、緑豊かな土地柄を生かした生物多様性のある屋外空間や、マンション内のビオトープや緑を活用し...

January 1, 2019

公園が地域の価値を共有できる場であってほしい。
私たちの掲げたこのビジョンが街全体の変化を促す機運を生みだしました。
地域の誇りとなるパブリックスペースを、私たちは届けたい。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
代表 平賀達也

September 5, 2018

建設コンサルタンツ協会(JCCA)の美しい国づくり専門委員会と、日本建築家協会(JIA)の都市・まちづくり委員会は、土木実務者と建築実務者が交流する場として「誰が景観を創るのか」をテーマに、協働で過去11回のシンポジウムを開催してきました。第10回、第11回での「多様性」についての議論を踏まえ、今回は3回シリーズの最終回として、建築・土木分野と多数のコラボレーションを実践している代表の平賀がランドスケープアーキテクト連盟副会長(JLAU)の立場から「多様性」と「融合」の手掛かりとなる話題...

August 31, 2018

8月31日に放映されたNHK総合「ニュース シブ5時」で、ゲリラ豪雨対策の先進事例として南池袋公園のグリーンインフラが紹介されました。代表の平賀が公園設計者の立場から、南池袋公園の芝生広場に貯留能力や蒸散効果の高い特殊な土を採用していることを紹介。酷暑や豪雨の被害が多数報じられる中、自然の持つ力を利用して都市の安全性や快適性を高めていこうというグリーンインフラの考え方に注目が集まっていること、そして誰もが利用できる公園という場所を起点にして街全体にグリーンインフラの機能をつなげていこうと...

August 18, 2018

二子玉川ライズのルーフガーデンにある「めだかの池」で、地域の子供たちを集めて夏休み恒例の「生きもの調査イベント」を開催しました。酷暑の中での開催となりましたが、建物の地下に貯留した雨水を水源とする池の水温は夏場でも冷たく、メダカはもちろんのこと、モツゴ、カワエビ、ドジョウ、イシガメなど多数の水中生物が棲息できる環境が整えられています。配られた網を手にして池に入る子供たちの目は真剣そのもの。採取した生きものは水槽に移して各自が図鑑やルーペで観察した後に、研究の成果をみんなの前で発表してもら...

August 15, 2018

ユウブックスの新刊PUBLIC PRODUCEに、ランドスケープ・プラスが総合プロデュースと設計に携わった南池袋公園が取り上げられました。パブリックプロデュサーという新しい職能に焦点をあて、良質な公共的空間がどのようにつくられたかをインタビュー形式で構成した本書では、「地域」、「公園」、「公共施設」の3つのカテゴリーに7つの事例が紹介されています。それぞれのプロジェクトが抱えている課題に対して、個性あるプロデューサーたちが独自に生み出した問題解決の手法を時系列で丁寧に紹介するとともに、分...

Please reload