Copyright  © LANDSCAPE PLUS LTD.  All Rights Reserved

株式会社ランドスケープ・プラス|LANDSCAPE PLUS LTD

March 1, 2020

ランドスケープ・プラスがデザインに携わった「日本橋室町三井タワー COREDO室町テラス」が近代建築2020年3月号に掲載されました。

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

February 20, 2020

第14回日本ファシリティマネジメント大賞の優秀賞を、豊島区、南池袋公園をよくする会、ランドスケープ・プラスの3者で受賞しました。この賞は、日本ファシリティマネジメント協会が、国内の優れた取り組みを評価することで、ファシリティマネジメントの普及と定着を図り、ファシリティマネジャーの育成を推進することを目的として設立されました。

南池袋公園は、地元と地元をよく知る民間企業、行政の三者協力による新しい公園経営のビジネスモデルを創造している点、カフェレストランの営業、イベントスペースの運営、ランド...

January 29, 2020

新潟市の女子中学生5名が、総合学習の一環として私たちの事務所を訪ねて来てくれました。彼女たちは新潟市立高志中等教育学校に通う中学1年生で、毎年4月より生徒自身が地元新潟市の魅力と課題についての探究学習を進める一方で、11月には東京に場所を移してテーマ毎に探究学習の深度を追求する取り組みを行っているそうです。

公園が地域コミュニティやまちづくりの拠点になるではないかと考えた彼女たちは、新潟市内の様々な公園を調べるのですが、理想と現実の間に大きなギャップがあることに気づきます。そこで、東京の事...

January 1, 2020

ランドスケープ・プラスと三菱地所設計さんの設計共同体で設計監理に携わった「池袋西口公園 GLOBAL RING」が新建築2020年1月号に掲載されました。

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

January 1, 2020

私たちはいま大いなる変化の時代を生きています。

持続可能な未来をデザインするには、地球史的な時間軸で環境の変化を捉え、

流域圏的な空間軸で社会の問題と向き合う必要があると考えます。

地域の人々の思いに寄り添いながら、ランドスケープ・プラスの挑戦は続きます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


代表 平賀達也

December 1, 2019

ランドスケープ・プラスがデザインに携わった「日本橋室町三井タワー COREDO室町テラス」が新建築2019年12月号に掲載されました。

プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。

November 16, 2019

池袋西口公園、通称「GLOBAL RING」が2019日11月16日にリニューアルオープンしました。私たちランドスケープ・プラスと三菱地所設計さんの設計共同体で、デザインプロポーザルに選定されたのが2017年9月のこと。設計開始から工事完成まで2年2カ月という超ハードスケジュールの中、発注者・設計者・施工者が一丸となり、様々な困難を乗り越えて迎えた開園式典は、私たちにとっても特別な一日となりました。

開園式典の中で、代表の平賀がデザイン統括者の立場から、来園者の皆さまに向けて感謝の言葉をお...

November 2, 2019

ランドスケープ・プラスとオープンエーさんの設計共同体で設計監理に携わってきた佐賀県江北町の「みんなの公園」が、令和元年の11月2日にめでたく開園しました。佐賀のへそにある江北町。その江北町の中心につくられた公園からは、地域のシンボルである御岳山の姿を地続きの風景として眺めることができます。

私たちの提案を信じて大きな心で受け止めて下さった、山田町長を筆頭とした町議会と江北町職員の皆さん、工事期間中に様々な自然災害に直面しながらも、難しい工事を短期間のうちに完成して下さった峰組と山崎造園の皆...

November 1, 2019

ランドスケープ・プラスが設計に携わったミライon(長崎県立長崎図書館及び大村市立図書館、大村市歴史資料館)が新建築2019年11月号に掲載されました。県庁所在地ではない大村市になぜ県立図書館がつくられたのか。その答えを知るためには、大村藩の歴史や文化をまずは知っておく必要があります。大村という場所で外国との交流が始まったきっかけや、長崎県の玄関口となる国際空港が大村にあることの理由は、この地域が持つ地勢特性の力に他なりません。これらの歴史的な背景を理解しながら、建築やランドスケープのデザ...

November 1, 2019

建築・都市・社会のあり方を、住む人、使う人の視点で問い続ける建築ジャーナルが、「地べたの思想」という特集の中で「南池袋公園」と「てんしば」の出現を日本の都市空間史上エポックメイキングな出来事として位置付けています。その上で「地面のデザイン、都市と人と自然の関係」をテーマに、それぞれの設計者である、弊社代表の平賀、ヒュマス代表の霜田亮祐氏、そして公園に造詣の深い立教大学教授の小野良平氏による鼎談が、読み応えのある記事にまとめられています。ぜひ手に取ってご覧いただければ幸いです。


http:...

Please reload