ららぽーと沼津

LaLaPort Numazu

地域の宝物を再発見するランドスケープ

ららぽーと沼津のランドスケープを考えるにあたり、富士山頂と駿河湾海底の標高差が6000m以上ある地形構造や、富士山麓に降った雨が何十年何百年という年月を経て帯水層から湧き上がる水脈構造こそ、沼津が世界に誇る唯一無二の自然資源であることに思い至りました。富士山への眺望、愛鷹山の優美な裾野、千本松海岸の景観など、沼津には「やま」、「すその」、「うみ」にまつわる宝物が地域の至るところにたくさん存在します。

計画地は山と海に挟まれた風光明媚な愛鷹山の裾野に位置し、沼津を象徴する豊かな自然を身近に感じられる環境にあります。私たちは新たなまちの象徴となる商業施設を囲むように、沼津の自然資本である山、裾野、海をテーマにした3つの広場を設けることで、沼津の自然をめぐる旅に訪れたような、爽やかで心地よい空間のつながりを演出したいと考えました。

「やまの広場」と「すその広場」では、山裾に見られる「襞(ひだ)」のような形態を取り入れることで里山や野原の環境を楽しむ空間づくりを、そして「うみの広場」では、海辺の風景を愛でるように沼津の大らかな「海岸線」を描写する風景づくりを行っています。これらの広場が織り成す多様な風景によって、来訪者の知的好奇心を揺さぶり、身近にある自然の素晴らしさを再発見するきっかけになってほしい。いつの時代も、自然と共生しながら豊かな暮らしを創りあげてきた沼津ならではのランドスケープを、ららぽーと沼津で体感してもらえると嬉しいです。

ららぽーと沼津地形図.jpg
ららぽーと沼津マスタープランs2000A4.jpg

事業名   ららぽーと沼津

所在地   静岡県沼津市

用 途   商業施設

事業主   三井不動産

設 計   ランドスケープデザイン:ランドスケープ・プラス

      環境デザイン:ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・  インターナショナル・リミテッド

規 模   敷地面積/92402.23㎡ 建築面積/50511.47㎡

施 工   大林組、岩間造園

竣 工   2019年

 

Copyright  © LANDSCAPE PLUS LTD.  All Rights Reserved