株式会社ランドスケープ・プラス|LANDSCAPE PLUS LTD

【TOPIC】ランドスケープ・プラスは、未来を共に切り拓く仲間を募集します。


ランドスケープアーキテクチャーとは、産業革命後の経済活動に伴う都市公害によって引き起こされた健康問題(感染症や呼吸疾患等)を自然の力で調停する役割として生まれた職能です。どのようにして社会に自然を取り戻し、快適性と安全性が両立した環境を創り出せるか。「経済資本」を基盤にした社会ではなく、「自然環境がもたらす豊かさ」や「自然災害に対する強靭さ」等の「自然資本」という観点から土地の価値を考え、地域社会の持続性に取り組むことが私たちランドスケープ・プラスの仕事です。


戦後75年間で、高密度化した日本の都市からは風の流れや土の広がりが急速に失われていきました。日本は2008年に人口のピークを迎え、その後には東日本大震災や新型コロナウィルスといった自然災害によって、人間の予測した社会が成立しなくなる局面に立たされています。持続性のある社会を取り戻すためには、地域に残存する自然を都市の肺臓として捉え、街路や河川のつながりを都市の血流に見立てるなど、自然資本に立脚した都市像を再構築する必要があります。


ランドスケープ・プラスは地域の環境や歴史を入念に調査し、再生すべき対象を見極めながらランドスケープの計画や設計に取り組んできました。背景には、現代社会に「風土」という地域固有の生命力を取り戻したいという思いがあります。火山国の日本では、アスファルトやコンクリートで覆われた都市の表面を一皮めくれば、いまも豊かな土壌が残っています。光合成を促し、水を涵養し、あらゆる生物の活動基盤となる土壌。都市の中で土が再び呼吸をし始めると、街や人が再び元気を取り戻せるのではないでしょうか。


ランドスケープ・プラスは、ランドスケープの力で自然資本を実装した地域社会の未来をともに切り拓いてくれる仲間を募集しています。新卒、中途、年齢、国籍などにおいてヒエラルキーはまったくなく、ランドスケープの設計やデザインが大好きで、仕事に対しての熱意があれば誰にでも門戸は開かれています。また、ランドスケープの業務経験を持ちながらも第一線を退かれている方で、パートタイムやフレックスタイム等の制度を活用し、業務パートナーとして参画していただいくことも可能です。


さぁ、あなたもランドスケープのプロフェッショナル集団の一員として、私たちとともに自然回帰を促す環境づくりにチャレンジしてみませんか。以下に募集要項を記載しますので、興味のある方はどうぞご応募ください。



■募集内容|ランドスケープのチーフデザイナー、デザインスタッフ


■採用人数|社員採用枠 若干名


■応募資格|新卒、中途不問。特にランドスケープの実務経験者、有資格者は優遇します。


■給与条件|能力や経験に応じて当社規定により優遇します。

         詳しい条件は面接の際にご提示します。


■その他  |3ヶ月の試用期間を基本とします。

         学生については、事前のインターンもしくはアルバイトを必須とします。


■応募方法|弊社HP「依頼内容Request Form」から以下の書類をメールで送付ください。

         1.履歴書(顔写真を貼付したもの)

         2.志望動機と自己PR資料

         なお、書類審査の結果は、応募いただいた全ての皆様に後日お知らせします。

         書類審査を通過された方には、追って面接日時の調整をさせていただきます。      


■問い合せ|株式会社ランドスケープ・プラス

         〒162-0805東京都新宿区矢来町114 高橋ビル2F

         TEL:03-6280-8051

          E-Mail:info@landscape-plus.co.jp(担当:村瀬淳)


#TOPIC