【EVENT】二子玉川ライズのエコミュージアムで「カワラノギク観察ツアー」を開催します。

最終更新: 7月14日


※募集を締め切りました。

私たちが生態維持活動を担う二子玉川ライズのエコミュージアムの5Fには、多摩川流域の希少種であるとともに、原風景を構成する重要な種としてカワラノギクを植栽しています。カワラノギクは川原の環境や河川の氾濫に依存し、他の種との競争を生き抜くために特徴的な生活史を持っていますが、この特徴的な生活史を持つカワラノギクを人工地盤上に植栽し、継続的に鑑賞できるようにするためには、一般的な植物とは異なる管理計画を立てる必要があります。私たちは、植栽管理者である箱根植木さんとともにカワラノギクの生育状況を継続的にモニタリング調査し、最適な管理方法を確立するとともに、この取り組みを学術分野や地域住民を巻き込みながら、市民科学の推進と環境教育の一環として位置づけ、二子玉川ライズの取り組みとして様々な分野に発表できる成果をまとめたいと考えています。 今回のイベント「カワラノギク観察ツアー」は、地域の子供たちを対象に多摩川の絶滅危惧種のカワラノギクから人間と自然のつながりを学ぶことを目的として開催します。講師にカワラノギク保全活動の第一人者である明治大学の倉本先生をお招きし、カワラノギクの生態と観察のポイントを解説していただく予定です。身近な自然を学ぶことは、子供たちの思考力や創造力を高めると言われています。ご興味のある方は、下記内容に従ってお申し込みください。 二子玉川ライズ エコミュージアム カワラノギク観察ツアー 【定員】20名 【参加費】無料 【持ち物】タオル・帽子・飲み物 ※汚れても良い服装 【概要】①倉本教授による本ツアーの説明②植物観察③グループワーク      ※雨天の場合は中止いたします。 【申込み・問合せ】  電話受付:03-3303-2215(箱根植木 担当:北村)  期間:10月31日まで  定員になり次第受付終了

#EVENT

0回の閲覧

Copyright  © LANDSCAPE PLUS LTD.  All Rights Reserved